フランス留学なら手数料無料のフランス留学センター。ハイクオリティ、専門留学etc..
あなたの希望に併せて適切な学校をご提案。説明会も随時開催中!

  • LINEインスタグラムtwiter
  • フリーダイヤル(東京・大阪・名古屋)
    TEL0120-4192-09
    受付時間/10時~20時(月~金)/10時~19時(土日祝)

フランス留学・観光で訪れたい! おすすめ都市「トゥール」の魅力

世界でも有数の観光大国フランス。歴史も深く、食文化、芸術、文学、音楽、ファッションなど挙げればきりがない程、魅力のある国ですね。そういった魅力が多いということもあり、留学先としても人気があります。フランス最大の都市で、政治、経済、文化の中心である首都パリ。南フランスにあり、フランス最大の港湾都市であるマルセイユ。世界遺産に認定された旧市街をもつ歴史的、文化的な街であるリヨン。地中海、コート・ダジュールに面する、世界的に有名な保養地、ニースなど、数々の魅力的な街を持つフランスですが、今回はそんな中でも「トゥール」という都市を、フランス留学に詳しい筆者がピックアップしてご紹介します。トゥールは古い歴史を持ち、美しいフランス語を学べて語学留学にぴったりな都市。トゥールへの留学を考えている人はもちろん、パリなどに留学し、少し足を伸ばしてトゥールを観光することを考えている人も必見です。


Content

古城めぐりの拠点に! 古都トゥールの概要

今回紹介するトゥールは、かつてフランスの首都が置かれていたという歴史のある街です。現在フランスの首都であるパリから、電車で約1時間のところにあります。四季がはっきりしているこの街は日本と同じくらいの気候で、夏は気温は高く感じますが、湿気が少なく、過ごしやすいです。冬は曇りがちな日が多くなるのですが、雪は1年に1度降るか、降らないかといった天候です。

街自体はあまり大きくなく、トゥール中心地の観光名所は徒歩で回ることができます。先ほど書いたように、フランスの首都だった歴史のあるこの街は、歴史的建造物が残っていたり、歴史的資料を紹介する美術館や博物館もあります。街の景色もいい雰囲気で、すてきな大聖堂があったり、旧市街があったりと散策するにはうってつけの街です。

学生の集まる街! トゥールに留学するメリット

トゥールは学生都市とも言われ、多くの学生がここで勉学に励んでいます。食文化を深く研究することでも有名なトゥール大学や、パリに次ぐ規模のコンセルバトワール・トゥールという国立高等音楽・舞踊学校もあり、フランス人の学生も多くいます。

また、トゥールは伝統を大切にしていて、古き良き、品のいいフランス語が守られています。トゥールの人々はフランスで一番美しい発音で話すと言われ、そのフランス語をぜひ習得しようと、世界中の多くの方が学びに来ています。なまりのないきれいなフランス語や、中世フランスの歴史を学びたい方には最適の留学場所ではないでしょうか。

パリのような大都市ではなく、ゆったりとした時間が流れるこの街で、さまざまな観光名所を巡ってフランスの歴史を感じながら過ごすのもいい留学になりそうですね。

トゥールの観光は? おすすめのお城4選

前述したとおり、トゥールは首都であったため、この街を中心として国が栄えていた時代があり、周辺に王侯貴族の豪華なお城がいくつも建てられました。その様子は「フランスの庭」と称され、観光地としても世界的に有名です。狭い地域にお城が固まっているので1日でいくつものお城を巡ることができ、フランス語などの勉強の息抜きにもちょうどいいでしょう。お城などの観光スポットを巡ることで、また違った角度からフランスの魅力を感じることができます。今回は数ある古城から、有名で交通アクセスのいいお城を4つ紹介します。

シャンボール城

ロワール地方の数あるお城のうち、最大の広さを持つお城。ほとんど手が加えられておらず、当時のままの構造を残す、唯一の王家のお城です。

シュノンソー城

ロワール川の支流、シェール川をまたがるようにして建てられたお城で、まるで水の上に浮かんでいるかのようにたたずむその姿は、シャンボール城と並び人気が高いお城です。歴代の城主が女性という少し変わったお城で、そのおかげか優美なイメージがあります。城を挟むように2つの庭園があり、こちらも見る価値のある、すばらしいものです。

アンボワーズ城

アンボワーズという街にあるお城で、中世で要塞として使われていたこともあります。フランスの王族が住んでいたお城です。城内には歴史的な装飾品などが残されています。また、城内の礼拝堂にはレオナルド・ダ・ヴィンチのお墓もあります。

ヴィランドリー城

なんといっても幾何学模様に整備された庭園が美しいヴィランドリー城。庭園は4区画に分けられており、あらゆる色のバラが美しさを演出しています。また、菜園もあり、ハーブや綺麗 に植えられたキャベツなどの野菜もあります。城内には絵画や調度品などが展示されており、とてもすばらしい時間を過ごせます。


観光案内所を活用しよう! トゥールのおすすめツアー2選

トゥール駅の向かいにある観光案内所(Office de tourisme)は、名前の通り、トゥールが位置するロワール地方の観光に関してのスペシャリストです。フランスに留学したものの、学校のない週末に旅行に出かけたくてもどこへ行けばいいかよくわからない……なんてことがあると思います。そんな時はこの観光案内所を利用してみてください。フランス人の方への質問をしたり、ガイドの方とのお話もできるのでフランス語会話の練習にもなりますね。また、パンフレットも用意されているので、どんなイベントがあるか事前に知ることもできます。


ロワール地方のお城巡りツアー

定期的に行われるツアーです。ミニバスで複数のお城に連れて行ってくれます。ガイドもついているので、お城の歴史や関連情報など詳しく説明してもらえます。難しい会話でも気兼ねなく質問できるのでフランス語の勉強にもなりますね。


ロワール地方のワイン巡りツアー

ロワール地方は、ワインでも有名です。ロワール川に沿ってぶどう栽培を行うところが多いので、車がないと、なかなか遠くまで訪れるのは難しいかもしれません。観光案内所を通せばトゥールからバスで現地まで連れて行ってくれます。フランス語を勉強しながらワインの勉強もできて一石二鳥。ただし、飲みすぎには注意してくださいね。

散策にぴったり! トゥール市内のおすすめ観光スポット5選

ゆったりとした時間が流れるこの街は、都市の規模としてもそこまで大きくないため、トゥール市内の観光場所へは歩いて巡ることができます。しかし、小さいながら深い歴史があるこの街は、見るところが多くあります。語学学校から近くにある観光場所もあるので、授業の後に訪れてもいいかもしれません。ゆっくり散歩をしながら歴史的建造物を巡ったり、旧市街を巡って古都トゥールを楽しんでみてください。ここでトゥールのおすすめスポットを少し紹介します。

トゥール駅(La gare de Tours)

まずはトゥールの玄関口であるトゥール駅。パリにあるオランジュリー美術館と同じ建築家によって設計された駅で、駅とは思えないほどオシャレできれいです。駅をすぐ出たところに噴水もあり、季節によってさまざまなイベントが開催されています。留学中にもここをチェックしておけば、クリスマス市やワインの試飲会など、フランスならではの魅力的なイベントに遭遇できるかもしれません。

ル・ヴァンシー(Le Vinci)

トゥール駅を出て道路の向かいにある巨大な建物で、現代的な外観です。イベント会場や、大きな会議などに使われています。定期的にさまざまなイベントが催されているので、興味のある催しがやっている時は チケットを買って参加してみましょう。チケットは現地でも買えますが、事前に FNAC(大型ブックチェーン)や、インターネットで購入しておくのも便利です。

トゥール市庁舎(Hotel de ville de Tours)

トゥール駅から東に向かって大通りを歩いていくと見えてくる豪華な建物。建物の目の前にも噴水が備えられていて一層豪華さを増して見えます。こちらの建物もトゥール駅、オランジュリー美術館を設計した方の作品です。市庁舎とは思えないほど立派な建物で、1階のメインホールに入ることができます。展示会なども時折行われ、ほかの部屋を見る機会もあります。どの部屋もとても豪華なので、訪れた際は感動することでしょう! 大学生や、語学留学生を歓迎する会もここで開かれ、現地の学生の演奏や、ロワール地方のワインや軽食が振舞われ、トゥール全体でみなさんを歓迎してくれます。

サン=ガティアン大聖堂(Cathédrale Saint-Gatien)

トゥール駅から北に歩いていくと見えてくる大きな塔。どんどん近づいていくとわかるのですが、 実は塔ではなく大聖堂なんです。非常に高く大きな建造物で、美しい外観のゴシック建築の建物です。実際に目の前にすると圧巻ですし、内部も神秘的な空気が流れ、心落ち着く雰囲気です。


旧市街、プラス・プリュムロー(Place Plumereau)

旧市街の中心的存在であるプラス・プリュムローは、レストランやバーが集まるトゥールの人々の憩いの場です。平日・土日問わず人が訪れており、友達同士話したり、カフェの店員の方と交流したりしています。春夏の観光シーズンにはさらに活気にあふれています。

この広場に建てられている建物たちは歴史ある伝統的な家屋がそのまま残されており、街中の建物たちとはまた違った雰囲気を持っています。

また、この広場の周辺には語学学校も何校かあり、学校帰りに利用している学生が多く、学生都市であることを確認できます。仲良くなったクラスメイトとここへ来て、フランス語で会話をしながらフランス語力を伸ばすのもいいかもしれませんね。

まとめ

ここまでトゥールの街の魅力について紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。留学をして、慣れない土地で過ごすと不安に思うことは多いと思いますが、ゆっくりとした時間の流れが魅力の一つであるトゥールでは、少し優雅な気持ちで国内随一のフランス語を学ぶことができるかもしれません。パリのように賑やかな街ではありませんが、独特な時間の流れ方に魅了されてしまうかもしれませんね。そういう筆者自身もこのトゥールに魅了されてしまい、5年ほど住んでいた経験があります。トゥール周辺にも、トゥールの街の中にも、正直まだまだおすすめの場所はたくさんあるのですが、続きは実際にトゥールを訪れて、その魅力をじかに感じてみてください。

今回はトゥールの街を紹介させていただきましたが、フランスには、あまり知られていない魅力あふれる街がまだまだ存在します。有名なところには有名になるだけの理由はありますが、まだ知られていない街を探して行く留学・旅行にもまた違った醍醐味があるので、ぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか。

  • フランス留学体験談
  • 留学で役立つ情報を配信中!留学コラム
  • フランス語体験レッスン
  • Q&Aよくある質問
  • 出発前英会話レッスン