フランス留学なら手数料無料のフランス留学センター。ハイクオリティ、専門留学etc..
あなたの希望に併せて適切な学校をご提案。説明会も随時開催中!

  • LINEインスタグラムtwiter
  • フリーダイヤル(東京・大阪・名古屋)
    TEL0120-4192-09
    受付時間/10時~20時(月~金)/10時~19時(土日祝)

パリの治安
paris security

パリの治安について

フランスは歴史も長く、建造物の見どころがいっぱい、スイーツやフランス料理など味わってみたい食べ物も多くあり、パリコレが開かれるなどファッションも最先端の、世界でも人気の都市です。
しかし、大都市につきものなのが、治安の悪さ。フランスの治安ですが、日本と比べると安全とは言えません。
特に首都であるパリは、地域によっては避けたほうがいい場所もありますので、被害にあわないために事前に危険地域をチェックしておきましょう。

治安が悪い地域はどこ?

パリの街は中心部から1区、2区、3区と続き、20区まで時計回りにエスカルゴ状になって区が分かれています。



中心部から離れていくと低所得者が住む地域になり、危険度が増します。
お勧めしない地域は、主に低所得者が住む地域になります。特別な理由がない限り、立ち入らないようにしてください。

  • 治安が悪くてお勧めしない地域:10区、17区、18区、19区

また、観光客を狙った被害も多くみられます。
人混みであふれかえっている場所は、スリやひったくり、詐欺などが起こりやすい場所と言えます。
観光地では常に自分の持ち物に注意しましょう。

  • 観光地のため注意すべき地域:1区、2区、4区、7区、8区、9区、20区

また、被害にあいやすい観光地は以下になります。
  • ノートルダム大聖堂(1区、4区にまたがる)
  • ルーブル美術館(1区)
  • エッフェル塔(7区)
  • エトワール凱旋門(8区)
  • モンマルトルの丘、サクレクール(18区)

以下の地域は基本的に安全な地域になります。

  • 基本的に安全な地域:3区、5区、6区、11区、12区、13区、14区、15区、16区

その他犯罪が起こりやすい場所は、空港やバス、地下鉄など、観光地と同様に人が多く入れ替わり立ち代わりする場所で、観光客に限らず現地に住むフランス人も被害に遭う場合もありますので、十分注意しましょう。

どんな被害があるの?

スリやひったくり、詐欺などの軽犯罪が目立ちます。
相手は一人とは限らず、グループで行動している場合もあります。

お尻のポケットから携帯が見えている、バッグが開いているなどといった行為は「盗んでください」と言っているようなものです。
そのような場合はご自身の注意で事前に防ぐことができますが、携帯を使って何かを検索中、携帯で話すなど、手に持って使用している状態でもひったくりに遭う可能性もあります。
また、携帯やバッグなどをカフェやレストランのテーブルに置いたまま席を離れることも大変危険です。
とにかく、スリやひったくりの被害から身を守るためには、貴重品を誰でも目に触れる場所に置かないようにすることが大事です。

詐欺に関しては、違法な物や、値段が異常に高いキーホルダーやミサンガなどを売りつけられたり、嘆願書への署名を勧められ、さらにお金を要求してきたりするものがあります。
気持ちを強く持って、Nonと断るか、聞こえないふりをしてやりすごしましょう。

被害にあったときは?

最も重要なことは、所持品の被害より、ご自身の身の安全を最優先に考えることです。
スリやひったくりでも、時には刃物など凶器を持っている場合があります。
被害にあったその瞬間は驚いて取り返そうとするかもしれませんが、抵抗することは避けてください。反撃されて負傷してしまう恐れもあります。

被害にあわないためには?

一般的に、観光に来る日本人はお金持ちと思われており、犯罪のターゲットになる傾向があります。
また、日本は比較的安全な国のため、自分のとっている行動が危険だとは気づかない可能性があります。
海外へ渡航されたときは、日本とは違うということを常に念頭に置いて危険を回避するよう心掛けてください。

気をつけること

  • 街中でなるべく携帯は出さない、使わない(通話はイヤホンを使うなど)
  • リュックはファスナーが後ろにあるので使用しない
  • バッグは必ずファスナー等で閉じれるものを利用する
  • 物売りや嘆願書を依頼されても断る
  • 高価なものは身に着けない
  • ポケットに貴重品を入れない

パリって怖いところなの?

冒頭でも述べましたように、パリの治安は日本より悪いと言えますが、パリ全体が、またパリに住む人全員が悪いわけではもちろんありません。
治安の悪いとされる地域を避ければ、困っていれば助けてくれる人、バスや電車に乗っていてお年寄りやケガ人に席を譲る人、落とし物をしたらすぐに教えてくれる人がたくさんいます。

また、観光をしていたからといって必ずスリなどの被害にあうわけでもありません。
事前に安全対策をとり、被害にあいにくい状況をつくれば、パリでの生活は楽しいものになること間違いなしです!

生活情報
初めての方へ
基礎知識
ビザ情報
学ぶ
地域情報
海外保険
趣味留学
  • フランス留学体験談
  • 留学で役立つ情報を配信中!留学コラム
  • フランス語体験レッスン
  • Q&Aよくある質問
  • 出発前英会話レッスン