フランス留学なら手数料無料のフランス留学センター。ハイクオリティ、専門留学etc..
あなたの希望に併せて適切な学校をご提案。説明会も随時開催中!

  • インスタグラム
  • フリーダイヤル(東京・大阪・名古屋)
    TEL0120-4192-09
    受付時間/10時~20時(月~金)/10時~19時(土日祝)

ワーキングホリデービザ
Visa vacances-travail

ビザのイメージ

フランスのワーホリビザは、フランス語ではVisa Vacances-Travail(ヴィザ・ヴァカンス・トラヴァイユ)と呼ばれています。ワーキング・ホリデーは、フランスと日本の若者が異なる文化の中でさまざまな活動を通し、お互いの理解を深めることを目的としています。そのため、就学や仕事の条件が寛容で、自由なフランス生活をおくれることがとても魅力です。

こちらのページでは、フランスのワーキングホリデービザの申請方法や注意点をご紹介します。



フランスワーキングホリデービザの条件・特徴

有効期限・滞在期間
入国日から1年間
※入国する日付はビザ申請時に決定
有効範囲
フランス本土の各県
※海外県、海外領土は範囲外
延長
不可
切り替え
滞在中は不可
発行回数
1回
※ワーキングホリデービザはパスポートに貼られます。万が一、パスポートを紛失したり盗難された場合、ビザは再発給されません
就労条件
週35時間までの就労が可
就学期間
制限なし
※ワーホリの最初には、語学力をあげるためにしっかりと語学学校へ通うことをおすすめします。フランス語のレベルにより、その後の生活のしやすさは格段に変わります。おすすめの学校などはお気軽にご相談ください
申請費用
無料

フランスのワーキングホリデーの目的は、あくまで「様々な体験を通してフランスという国の文化を知る」ことです。しっかりフランス語を学習したい方は、学生ビザでの留学で学校に通うことをおすすめします。



フランスワーキングホリデービザの取得条件

  • 申請時に満18歳以上30歳未満である (30歳の誕生日の前日まで申請可)
  • フランスへの理解を深めることが目的で、現地での就労の意思がある
  • フランスワーキングホリデービザを過去に一度も取得していない
  • 子ども同伴ではない


フランスワーキングホリデービザ申請方法

1.申請日を予約

ビザ申請には、ウェブサイトでの事前予約が必要です。大使館では受付時間が短いため、一日の申請者数に制限をかけています。年明けや学期始めは申請が多く予約がとりづらいので、早めの準備をおすすめします。予約はフランスに入国する予定日の3カ月前から可能です。
ウェブサイトで予約する際に発行される予約票は印刷しておきましょう。また、最後に表示される予約参照番号は必ず控えておきましょう。


2.フランス大使館でビザを申請

東京の在日フランス大使館で、本人申請のみが可能です。受付時間は月曜日~金曜日の12 :30~14 :00までです。
申請に必要な書類はこちらをご覧ください。また、各申請書類は原本のコピー(A4)が必要です。


3.ビザ発給

フランス大使館で審査が行われたのち、ビザが発給されます。ビザの受け取りについてはこちらをご覧ください。


フランス留学センターでは、弊社を通して学校を8週間以上お申込みのお客様を対象に、ワーホリビザ申請無料サポートを行っております。ビザ申請が不安な方や、学校・滞在先手配なども一緒に済ませたい方は、ぜひご利用ください。


フランスワーキングホリデービザ申請に必要な書類

  • 申請書類チェックリスト

    提出する書類の原本およびコピーを確認後、☐にチェックを入れてください。
  • 長期滞在ビザ申請書:1部

    長期滞在ビザの申請書はすべて英語かフランス語で記入してください。
    ワーキングホリデービザは「長期滞在ビザ」の一種となりますので、長期滞在ビザ申請書を提出します。申請書と記入例は在日フランス大使館ホームページからダウンロードするか、大使館の窓口で入手できます。申請書の内容のほか、日付、パスポートと同じ署名、フランスでの住所を明記してください。鉛筆での記入はできません。
  • 証明写真:1枚

    顔が正面を向いており、帽子など顔を隠すものがない、背景が白の35×45mmの証明写真です。デジタルデータは受け付けていません。申請書の指定位置に貼って提出してください。
  • パスポート原本と証明写真のページのコピー

    パスポートの残存有効期間は、フランス入国日より最低3カ月以上必要となります。また、ビザを貼るために見開き2ページ分が残っている必要があります。
  • 申請動機作文

    準備に最も時間がかかる書類なので、早めの準備をおすすめします。作文用紙はフランス大使館のホームページからダウンロードできます。
    日本語での記入は可能ですが、フランス語や英語の訳をつけることをおすすめします。

    ※フランス留学センターでは、弊社から8週間以上学校をお申込みの方に、無料で申請動機作文の添削サポートを行っています。詳しくはワーホリビザ申請無料サポートをご覧ください
  • 滞在中計画書

    フランス語または英語で作成してください。フリーフォーマットで特に形式は決まっていません。また、内容は申請動機作文の要約でもかまいません。翻訳も可能ですが、必須ではありません。

    ※フランス留学センターでは、弊社から8週間以上学校をお申込みの方に、無料で滞在中計画書の添削サポートを行っています。詳しくはワーホリビザ申請無料サポートをご覧ください
  • 履歴書

    フランス語または英語で作成してください。フリーフォーマットで特に形式は決まっていません。翻訳も可能ですが、必須ではありません。

    ※フランス留学センターでは、弊社から8週間以上学校をお申込みの方に、無料で履歴書の添削サポートを行っています。詳しくはワーホリビザ申請無料サポートをご覧ください
  • 残高証明原本とコピー1部

    航空券を購入できる金額に加え、3100ユーロ以上の残高証明が必要です。
    日本、もしくはフランスの銀行、または郵便局の本人名義口座で証明書を発行してください。英文・和文でも可です。(金融機関によりますが、長いところでは残高証明書発行に1週間以上かかるところがありますので注意してください。)
  • ワーキングホリデービザ宣誓書

    1.提出した経済証明書の中に往復航空券の費用が含まれていること
    2.ビザ満了後、日本へ帰国するために必要な費用を手元に残しておくこと
    を認め、誓う宣誓書です。フランス大使館ホームページよりダウンロードしてください
  • 健康診断書原本とコピー1部

    過去1カ月以内に医師が作成し、作成日の健康が証明されれば検査項目は問われません。英文、和文いずれも可能です。
  • 海外旅行保険加入証明書原本とコピー1部

    海外旅行保険は、病気・けが・入院に対応しているプランで、航空券に記載されるフランス到着日(フランス入国日)から1年間有効なものでなければなりません。クレジットカードに付帯される保険は不可です。英文、仏文、和文いずれも受け付けています。
  • 返信用封筒1通

    ビザが貼り付けられたパスポートを書留郵便で受け取る場合、返信用封筒に宛名と住所を記名し、600円分の切手を貼り付けてください。封筒はパスポートが入る大きさで構いません。

提出書類の原本はビザ取得時に返却されますが、ビザ申請時には必ずすべての書類のコピー(A4)も提出してください。
審査には1カ月以上かかる可能性があります。渡航が決まり次第、早めの準備をおすすめします。

フランスワーキングホリデービザの受け取りについて

大使館の窓口で受け取る場合

月曜日~金曜日の12:30~14:00に受領が可能です。受け取りの際は、ビザ申請時に発行される申請証明書が必要です。


郵送で受け取る場合

申請時に返信用封筒も提出してください(あらかじめ氏名・住所を記入し、600円分の切手を貼ったもの)。書留郵便にて郵送されます。


フランス留学センターでは、弊社を通して学校を8週間以上お申込みのお客様を対象に、ワーホリビザ申請無料サポートを行っております。ビザ申請が不安な方や、学校・滞在先手配なども一緒に済ませたい方は、ぜひ利用ください。


フランスワーキングホリデービザ申請の注意事項

  • 申請は、フランス入国予定日の3か月前から可能です
  • 申請書類はメール・郵送による提出はできません
  • 申請は東京のフランス大使館でのみ行っています
  • 申請には事前予約が必要です
  • ビザ申請はご本人様のみが可能です
  • 申請の際に送付する各書類のコピーは、必ずA4サイズにしてください
  • 審査中に、追加書類が必要となる場合があります
  • ビザの審査期間は1ヶ月ほどかかる可能性がありますので、渡仏が決まり次第、早めの準備をおすすめします
  • 審査結果によっては、ビザの申請却下の可能性もあります

当サイトではビザ情報に関して最新の注意を払っておりますが、ビザの取得条件や申請方法は頻繁に更新されます。申請の際は必ず申請者ご本人様が最新の情報をご確認いただくよう、お願いいたします。

在日フランス大使館ホームページ


ビザ情報
初めての方へ
基礎知識
学ぶ
生活情報
地域情報
海外保険
趣味留学
  • フランス留学体験談
  • 留学で役立つ情報を配信中!留学コラム
  • フランス語体験レッスン
  • Q&Aよくある質問
  • 出発前英会話レッスン
  • 留学ワーホリ保険比較サイト